ペットの命は誰が守るか

先週書いたブログ

「生活クラブが販売するペットフード
サルモネラ菌汚染で14匹死亡」

生活クラブが販売するペットフード サルモネラ菌汚染で14匹死亡

製造元である株式会社ノースペットのホームページに

やっと
ちょろっと

謝罪文と報告が掲載されました

発信が遅れた理由の説明にも驚きましたが
目を疑ったのはここ

しかし、残念ながら、今般実施いたしました当社製品の抜き取り簡易検査の結果、ビーフ干し肉製品の1ロットに対してサルモネラ菌の擬陽性(陽性の疑いがある)判定の報告を9月2日に受けたため、公的検査機関に確定検査を依頼するとともに、確定検査の結果が判明するまでの期間、当該ロット製品の出荷を停止いたします。また、念のため、当該製造日以降に生産した全ての製品の出荷も停止しております

まじかー。。。

残念ながら

誰が
何に
残念なんでしょう

がんばって掃除したんだけど
サルモネラ菌の擬陽性がでちゃって
また出荷停止だよ…

残念なのは当該企業側ではあっても
わたしたち消費者側ではありません

それどころか
「当該ロット」の出荷停止です

これだけ被害が大きくなってもなお
この企業姿勢

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

では、当の生活クラブ側はどうでしょう?

…これです

え?やっと、販売停止??
発表されたから1日前倒し???

ついでに、デポー(実店舗)は
9月3日から販売を中止、だそうです

まじかー。。。

怒りを覚えますが
それよりひたすら悲しいです

本当に悲しい

人の食品でも問題は起きますが
ペットの方で起こる食品問題は
命を軽視される分、より悲惨です

少し情報を探してみたら
…やっぱり出てきました
実際に愛犬を亡くされた方による投稿の数々

生活クラブ側とノースペット側の
責任の押し付け合い

ご丁寧に亡くなる少し前の
苦しむわんちゃんの動画まで
出て来てしまいました

事件が起こってから苦しむ愛犬の姿を見てきた
飼い主さんご本人に対し
事件の当事者から
「大変でしたねーご愁傷様」
なんて言われたら…

つらいです

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

繰り返しになりますが、日本では
ペットフードは「食品」ではありません
「雑貨」です

もちろん、ペットが食べるものをちゃんと
「たべもの」として
真摯に製造しているメーカーさんもたくさんあります

でも実情は、その何倍も
「そうでない会社」があるのです

ドッグフードを見れば一目瞭然…

ノースペットが製造しているオヤツです

北海道、プレミアム、無添加
お肉本来のおいしさ

飼い主さんにとって
魅力的な言葉が並んでいます

愛犬がかわいいから
喜ぶ顔を見たいから買い与える

その愛情に
ワンクッション入れませんか?

どのメーカーのものか
どこで買うか
誰から買うか

「絶対に安全」なんてありませんが
客観的な目を入れるだけでも
安全性は高まります

One-to-Wanでは
そのために、調べたり
問い合わせたり
ひと手間もふた手間もかけて
商品を選んでいます

わんちゃんの健康を
命を守れるのは
飼い主さまの意識と確かな目です

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『ペットの命は誰が守るか』の前後の投稿はこちら▼

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

080-7002-0960

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿テーマ

過去の投稿

ページ先頭へ